■ プロフィール

今井結香

Author:今井結香
あまみゅ☆カンパニー所属
女優/歌手/太鼓奏者

性別:おんな
年齢:24さい
誕生日:1991.05.27
住所:都内
血液型:O型
すき:ポケモン
  YUKI
  きりんさん
  馬刺し
詳しくはこちら


■ これから

・2016/06/24~26 <舞台>
  『TOY!TOY!TOY!』(※出演しません)

■ いままで

・2016/02/25,26 <舞台>
  『Winter Again』(プリシラ役)
・2015/12/13 <和太鼓>
  『鼓韻の会 定期演奏会』 (和太鼓演奏)
・2015/11/06~09 <舞台>
  『マダム・スパイダー』(アンティエッタ・のぞみ役)
   ・2015/05/29~31 <舞台>
  『Beautiful Spear~ミクの20歳の誕生日~』(マキ役)
   ・2015/03/10~15 <舞台>
  『どんどこどどん~清河八郎物語~』(和太鼓)
   ・2015/3/06~08 <舞台>
  『3つの物語』
(エンディング歌)
・2014/12/25 <イベント>
  『Darkside Play』(あかねちゃん役・歌)
・2014/12/18 <ライブ>
  『和らいぶ*vol.11』(歌・太鼓)
・2014/12/13 <和太鼓>
  『鼓韻の会 定期演奏会』(和太鼓)
(和太鼓演奏)
・2014/11/23 <公開ラジオ収録>
  『水野哲のオールナイト・ジャポ~ン』
(和太鼓演奏)
・2014/10/27.28 <イベント>
  『Halloween Dinner Party』
(朗読"ナレーション×2、松井真奈役"、歌)
・2014/09/13~15 <舞台>
  『モノクローム症候群』(幻想娘役)
・2014/09/4~7 <舞台>
  『ふくろうの島』(鳩山千尋役)
・2013/03/17 <和太鼓>
  『花筵vol.2~よいさよいさよいさ~』 (和太鼓演奏)
・2014/08/13~17 <舞台>
  『妖怪酒場』(ろくろ首役)
・2014/08/10<LIVE>
  『Artist Festival Vol.1』(a.i.r.y)
・2014/07/26~28<舞台>
  『A Tale Of Magic』(アリス役)
・2014/05/28 <ライブ>
  『華志 和LIVE2014~四~』(歌・太鼓)
・2014/05/17<舞台>
  『大きな木』(工藤歩美役)
・2014/04/27<ライブ>
  『STARTER Vol.3』(歌)
・2014/04/18<ライブ>
  『アクチュアリウム~前奏~』(大沢ユイカ役・歌)
・2014/04/15<ライブ>
  『~Kossypresents~2500円飲み放題企画!』(a.i.r.y)
  ・2014/03/27 <ライブ>
  『華志 和LIVE2014~弐~』(歌)
・2014/02/28 <ライブ>
  『華志 和LIVE2014~壱~』(歌)
・2014/02/6~11 <舞台>
  『短き不在』(山崎みどり・桜木良子役)
・2013/12/29 <舞台・歌>
  『A-1グランプリ』(みーちゃん役)
  『S-1グランプリ』(歌)←優勝!
・2013/12/05~08 <舞台>
  『夏の思い出』(カオリ役)
  『actuatium~アクチュアリウム~』
(大沢ユイカ役・歌)
・2013/10/29 <ライブ>
  『華志~和LIVE2013弐~』(歌)
・2013/09/20~23 <舞台>
  『月のダンス』(橋本えりな役)
・2013/03/17 <和太鼓>
  『花筵~よいさよいさ~』(和太鼓演奏)

*ぼせいとはんせいのおはなし

かえりみちの話



いまいす!




帰り道、

男の子が泣きついてきた。



男の子「ママがぁぁぁあああぁあああ!!!」

私「どうしたどうしたどうしたどうしたどうした」



泣きじゃくって何言ってんのかわからん男の子を落ち着かせ、話を聞くと



男の子「ママが先にお家に入っちゃったのおおお」



指差すマンションはオートロック。
なるほど…



私「じゃあ一緒にママんとこ行こうか」

男の子「うん(まだ泣いてる)」


※オートロックシステムを知らない人の為に。
オートロックの扉の隣に
番号が書いてあるボタンがあるんです、
部屋番号を押して呼び出しボタンを押すと
インターホンに繋がって家の中から
遠隔で扉をあけてもらえるんです。



私「お家の番号、何番かわかる?」

男の子「1と1と0と……」

私「?…110かな?」



ピッピッピッ

エラー



私「あれ」

男の子「ちがう、111……0があるの」

私「1110かな?!」



ピッピッピッピッ

エラー



こんなやりとりを3回くらいやって、



男の子「こっちきて」



男の子がポストの番号を指差してくれた。



私「あぁ、1011ね!笑」
(実際の番号と異なります)




ピッピッピッピッ

………………



繋がった。


男の子が小さいので、
持ち上げて一緒にカメラに映る。



私「あ!繋がったよ」

男の子「……」←涙目

インターホン「あっ!…………!!!」


ガチャッ



私「…………ん?」

男の子「…………」



オートロックが解除され、扉が開く。

男の子は無言でエレベーターの方へ。



私「よかった、入れたね」

男の子「うん」



男の子はもう泣いてない



私「お家まで1人でいける?」

男の子「……」

私「一緒にいく?」

男の子「うん」



一緒にエレベーターへ。

上に上がって行くと、男の子の表情が変わっていった。

なんというか…俯き気味な表情。



こ、こいつ…もしや………



チーン

10階に着く。



私「ピンポンおそうか?」

男の子「首を振る」

私「だっこしようか?」(届かないから)

男の子「…話したくない」



ざわ…ざわ……



私「…ママと?」

男の子「うん」

私「…怒られたの?」

男の子「……………うん」




あああやっぱり……
やっちまった……………………


この時、私は
人様の子供への教育の邪魔をしてしまった罪悪感と
悪気はないとは言え邪魔をしてしまった手前、変なことは言えない!と
謎の緊張感に包まれた。

よくよく考えたら、
ママが先に入っちゃった、なんて事ありえないし
もし誤って母親が先に入ってしまっても
すぐに子供がいない事に気付いて迎えにいくはずだったのだ。

全然気づかなかった…
小さな子供が泣いていたから助けなきゃ!という一心だった。母性が仇になるとは……ガッデム。

ドアの向こうから物音がした。
たぶん玄関にお母さんが立っている。
それは男の子も感じたと思う。


なんか…介護やってた時に、利用者さんのご家族の目の前で利用者さんの介助をした時の気持ちを思い出した。


とにかく、頭をフル回転させて男の子と会話した。
たぶんこの時の私はIQ568くらいあった。

何を話したかあまり覚えてないけど
体感5分くらいドアの前で2人でお話した。


私「なにか悪いことしたんだ?」

男の子「…(うなづく)」

私「それで追い出されたんでしょー?」

男の子「うん…」

私「そっかぁ。私も追い出された事あるよ」

男の子「………!」


パッ と男の子の表情が変わった。

この時の男の子の顔が忘れられない
ビックリ!!!といった表情。
すごいビックリしてた。

どういう気持ちだったんだろ。

え?わるいことした事あるの?
同じ目にあったの?
お母さんを怒らせた事があるのは僕だけじゃなかったの?

どういう気持ちだ…その顔は……!

こんな体験した事なかったんだろうね。
純粋にビックリするとそんな顔出来るんだぁ…勉強になります。

その顔、もう私にはできないよ…(震え声)



男の子「小さい時に?!」

私「うん、君くらいの時にね」

男の子「……………」

私「わるい事して、くらーいお外に出されたの、鍵しめられて」

男の子「えー」

私「怖かったよ、泣いた泣いた」

男の子「…泣いたんだ……」

私「…?」



また男の子の表情が変わった。
もう何考えてるかわからん。



私「……ママにごめんなさいできる?」

男の子「うん」

私「じゃあピンポンおす?」

男の子「………………」

私「こわいよね笑」

男の子「(ジッと私の方を見る)」

私「………もうわるい事しないよね?」

男の子「うん」

私「ごめんなさい、って言える?」

男の子「うん」

私「偉い!約束ね!」

男の子「うん」




男の子が勇気を振り絞ってドアノブを引いたのと同時に

私もエレベーターに乗った。







それからの帰路はもうめっちゃ反省した。

親御さんはこの事をどう思っているのだろう…



もしかしたら子供にイライラしすぎて会いたくなかったかもしれない。

これがうちの教育だから邪魔しないで、と思ってたかもしれない。

逆に、他人に迷惑をかけてしまった、と思っているのかもしれない。

知らない人に住所を知られてしまったと思っているかもしれない。

怒って追い出してしまったけれど、子供が無事で安心していたのかもしれない。





でも、

お母さんが
私と男の子の会話の中に入ってこなかったって事は
きっと良いお母さんだろうな…と思った。


あのままお母さんが出てきて
私のことを怒ったら
子供はどんな気持ちになる?

逆に、私に対して
ありがとうございました、って言ったら
子供はどんな気持ちになる?


あの状況で、お母さんはたぶん最善の対応をしたと思う…
イライラしてただろうし私が何者なのか(怪しい者ではないか)知りたかっただろうに。
(インターホンにはしっかり映ってるし、たぶん映像記録に残ってるけど笑)






私は、男の子が泣きついてきたらすぐに
男の子とお話して状況を把握して
それから対応すべきだった。

追い出されたとわかったら
外で一緒にお母さんを待っていてあげればよかった。


お母さんからしたら

家の番号も知られないし
名前も知られないし
教育に手を出す程までいかなかったと思う。
全く知らない私の事が知りたきゃ住所だって聞ける。


あの子にとってもその方が……
いや…どうだろう……

…………どっちにしろお母さん次第だよね。
私がどうこういう事じゃないし。くそう、母性め…!!





貴重な体験をさせていただいた。
あの子に感謝だ……



うーん

すごいね。
子供は誰でも
ゲームの主人公になれるんだね。



あの男の子にとって、私は
架空の人物くらいの存在であってほしい。
そんで大人になる前に忘れてほしい…

…いやお願い、
出来れば明日には忘れてくれ………………




*たびにでたい

旅に出たい



(こないだのローカルヒーロー祭のお写真)

いまいす




今日スプラ持ち歩いてんだけど
気分が…気分がスプラじゃなかった

旅に出たい

ポケモン金VC持って来ればよかった
マチス倒してから何日も触れてないや
カントーバッジまだ1つだよ
はやくポケモンたちに会いたいよおおお



りーた/メガニウム♂
ちぃ/オオタチ♀
くろ/クロバット♀
めりー/デンリュウ♀
りん/キリンリキ♀

はあああああああ尊い
うちのパーティむちゃくちゃ可愛い
クロバットのくろたん31レベルとかでやっと懐いた(
ツンデレかよ超かわいい

メスオス全然考えずに捕まえてったけど
たまたまりーたくんハーレムで萌え



四天王、道具も揃えず
レベル上げのつもりでつっこんだら
みんな35~40レベルとかだったのに
四天王のあまりの弱さに勝ち進んじゃって
そのままチャンピオンになっちゃった。

しっかりしろよAI!!!!


昔々、めっちゃ苦労してクリアしてたのが
信じられないわ…!


…。


あ、
旅って

ポケモンの事だから



心配しないでね( ˘ω˘ )





しばらく旅に出たいです。
探さないでください♡


いまいゆかァ…


*じゅんすいなきもち


やほこんにちわ



いまいす!
きりんさんーーーーー盛れるねえ




最近みたアニメ、BORUTOで
「自分の目で確かめたい」
みたいなセリフがあったんだけど

まぁ、うん、
ありがち、
主人公にありがちなセリフだと思うよ、でも
その単純なセリフが
今の私にはとっっっっても響いた。

そうなんだよね、全部ね、
自分の目で確かめないと
真実なんてわかんないんだよね

悪口を言われてる人がいて
「その人とは関わらない方がいい」
って誰かに言われたとする。
そうしたらどうする?言う通りにする?
その人と1対1で話しましたか?
本当のその人を知らないのに
関わらないってのは勿体無いよね。

でも26年間生きて来て
うーんやっぱり関わらない方がいいなぁ
って思う人はもちろんいるよ。
でもそれは自分の目で確かめて来たから。

ただ、関わらない方がいいなぁと思う人とは
関わらなくするまでがめんどくさいよね、

そういうめんどくさい事を省こうとすると
実は
チャンスを逃したり
大事なものを失ってしまう、のではないかと

思いました(小並感)



その
「自分の目で確かめたい」というセリフ。

15年前、20年前にアニメを観ていた頃は
主人公にありがちなよくあるこのセリフを
絶対聞いていたはずなのに
たぶん響いてなかった。

響かなかったというか
流してたというか

だってそんなの当たり前だったから。

すごいよね。
人間ってこんなにも
変わってしまうんだなと思った。




やっぱり根本は
人が大好きなんだなぁ。
人に興味がある!

それに
人のために何かしたり
人の話を聞いたりするのが
幸せだなぁと感じるなぁ。


だからみんないっぱい
私と関わってね




BORUTOを観てて
なんども泣きそうになって、泣いて、
これからの事や
いままでの事や
今抱きしめないといけない物が見えてきたりして

なんか久々に純粋にアニメを鑑賞した気分。
とっても良い気分です。



なので

ポケモン無印1話から
ちゃんと見直そうかなと思いました(あれっ)


なんだろ、なんか
20年前に何か大切なものを置いてきた気がして








いやラストきもいごめん



■ 記事


■ ブログランキング


クリックよろしくです☆

■ Twitter

フォロー待ってます♪


copyright 2005-2007 はらへりずむ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記