FC2ブログ

■ プロフィール

今井結香

Author:今井結香
あまみゅ☆カンパニー所属
女優/歌手/太鼓奏者

性別:おんな
年齢:24さい
誕生日:1991.05.27
住所:都内
血液型:O型
すき:ポケモン
  YUKI
  きりんさん
  馬刺し
詳しくはこちら


■ これから

・2016/06/24~26 <舞台>
  『TOY!TOY!TOY!』(※出演しません)

■ いままで

・2016/02/25,26 <舞台>
  『Winter Again』(プリシラ役)
・2015/12/13 <和太鼓>
  『鼓韻の会 定期演奏会』 (和太鼓演奏)
・2015/11/06~09 <舞台>
  『マダム・スパイダー』(アンティエッタ・のぞみ役)
   ・2015/05/29~31 <舞台>
  『Beautiful Spear~ミクの20歳の誕生日~』(マキ役)
   ・2015/03/10~15 <舞台>
  『どんどこどどん~清河八郎物語~』(和太鼓)
   ・2015/3/06~08 <舞台>
  『3つの物語』
(エンディング歌)
・2014/12/25 <イベント>
  『Darkside Play』(あかねちゃん役・歌)
・2014/12/18 <ライブ>
  『和らいぶ*vol.11』(歌・太鼓)
・2014/12/13 <和太鼓>
  『鼓韻の会 定期演奏会』(和太鼓)
(和太鼓演奏)
・2014/11/23 <公開ラジオ収録>
  『水野哲のオールナイト・ジャポ~ン』
(和太鼓演奏)
・2014/10/27.28 <イベント>
  『Halloween Dinner Party』
(朗読"ナレーション×2、松井真奈役"、歌)
・2014/09/13~15 <舞台>
  『モノクローム症候群』(幻想娘役)
・2014/09/4~7 <舞台>
  『ふくろうの島』(鳩山千尋役)
・2013/03/17 <和太鼓>
  『花筵vol.2~よいさよいさよいさ~』 (和太鼓演奏)
・2014/08/13~17 <舞台>
  『妖怪酒場』(ろくろ首役)
・2014/08/10<LIVE>
  『Artist Festival Vol.1』(a.i.r.y)
・2014/07/26~28<舞台>
  『A Tale Of Magic』(アリス役)
・2014/05/28 <ライブ>
  『華志 和LIVE2014~四~』(歌・太鼓)
・2014/05/17<舞台>
  『大きな木』(工藤歩美役)
・2014/04/27<ライブ>
  『STARTER Vol.3』(歌)
・2014/04/18<ライブ>
  『アクチュアリウム~前奏~』(大沢ユイカ役・歌)
・2014/04/15<ライブ>
  『~Kossypresents~2500円飲み放題企画!』(a.i.r.y)
  ・2014/03/27 <ライブ>
  『華志 和LIVE2014~弐~』(歌)
・2014/02/28 <ライブ>
  『華志 和LIVE2014~壱~』(歌)
・2014/02/6~11 <舞台>
  『短き不在』(山崎みどり・桜木良子役)
・2013/12/29 <舞台・歌>
  『A-1グランプリ』(みーちゃん役)
  『S-1グランプリ』(歌)←優勝!
・2013/12/05~08 <舞台>
  『夏の思い出』(カオリ役)
  『actuatium~アクチュアリウム~』
(大沢ユイカ役・歌)
・2013/10/29 <ライブ>
  『華志~和LIVE2013弐~』(歌)
・2013/09/20~23 <舞台>
  『月のダンス』(橋本えりな役)
・2013/03/17 <和太鼓>
  『花筵~よいさよいさ~』(和太鼓演奏)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
*みるく

おはすーん
いまいす



こないだのオーディションの帰り(^o^)








また長いよ
(記事あげたつもりがあがってなかった)


私が小学校3年生くらいの時に飼い始めた犬がいました

みるくっていいます


8/23、1回忌でした

特に何もしなかったけど





去年、みるくの体調が良くないとのことで
母が病院連れてったらガンでした

犬がガン?!って思ったけど、結構あるあるみたいです。


そこの病院では、もう高齢だし治せない


と言われ、このままガンで死ぬしかみるくには道は残されてなかったです。



しばらくして母が別の病院へ連れて行ったら

治せたよ、と言われたそうです。


セカンドオピニオンってやつですね

母は、早く別の病院へ連れてってあげてたら助かってたかも…
と言ってました。


いや…

私が小学校3年生の頃に
飼いたい!
って言い始めて飼ったのに

無責任にも東京へ来て世話は放棄、

週1でみるくに会えるかな…くらいだったのに

母にそこまで責任を負わせてしまっていたなんて。



みるくが死ぬ前、

私は去年の7月~8月、脅威の忙しさでした。

小学校公演の演助やって、
主催のツーマンライブやって、
他の劇団の演助やって………

忙しいって口にしたら言い訳だけど、そんな状態で
毎週太鼓の練習をしに帰っていた実家にも帰れない状況が続いてました。


舞台の演助の仕事で現場にいて
その時は演助が私含めて(なぜか)3人もいて

他2人と写真やメモなどの情報共有してる最中に
私のスマホにLINE通知がきました。




"みるくがいよいよやばいかもしれない…"




んえええええええええええ

私は頭の中が真っ白になって
情報共有していた内容が…たぶん3分くらい入ってこなくなって

ちょっと吐き気?めまい?がして、倒れる!って思った瞬間、他2人が「?」といった表情に。

もう私どういう表情をしていたのかどういう行動をとったのか全く覚えてなかったけど、

仕事中に口にしてしまった


うちの犬が死ぬかも…


って。

あとの2人にとっちゃクソどーでもいー事なのにましてや仕事中なのに口にしてしまった事に、罪悪感を抱えましたが2人は

え?!
大丈夫?!実家?!帰ります?!?!

みたいに反応してくれて、我に返りました。



この現場が終わったら会いに行く、
それまでに死ぬかもしれないけど、この現場が終わったら会いに行く。


って心に誓って、仕事に戻りました。



ガンだという事はもうその時点では知っていて

まぁでも会った時は飯ガツガツ食ってたし
まだ元気にお散歩も行けてたから

ちょっと具合悪そうでも高齢だからかな~くらいに思ってたけど

そうだよね、ガンだもん
いよいよやばくもなるわ。



仕事中は喉がきゅーって狭まった感じで
心臓が握られてるような感覚でした。
あまり頭に内容が入ってきてなかった気がしたけどその時はなんとか乗り切りました。





それから1週間

その現場を終え、

確かその次の日もなんか予定があったから

それも終わり、やっと実家へ戻りました。




みるくは横になっていて

口の皮膚を貫通して肥大した腫瘍が痛々しくて

腐ったニオイを放っていて

もうとにかく臭くて(

でもみるくで。




立てないの、足をやっと動かせるかな、くらいで

やっと、やっと息が出来るような状態。


そんな状態でも、

やっと目をあけてしっかり私を見てくれた。


目があって




みるく




って名前を呼んだ。










生きてるうちに会えてよかった、と思う反面

もう会えなくなるの?という寂しさ





どうしてあげたらいいのか、

どこを撫でたら痛くないのか、



本当に何もしてあげられませんでした。



母はこんな状態のみるくをずっと介護していたのに

私は家を出て何をしていたのだろう。




おしっこしたらお尻を拭いてあげたり

血もすごいから拭いてあげたり

身体中のイボをとってあげたり

お風呂へ入れないから身体を拭いたり

ご飯を食べさせたり

水を飲ませたり

体調悪くなったら病院へ連れて行ったり…










出来たわ




私にも出来た





そばにいてあげていたら

私がやれば全部出来た





手を動かせば

足を動かせば

車の免許だってあるし運転も出来た




なんなら他人のじーさんばーさん介護してた私だったら
得意分野だったのかもしれない


なんでこういう時に

行動しなかったんだろう




って

すごい後悔してしまった






それだけじゃない


死ぬ間際だけじゃないの



日常のみるくのお世話だって

出来たよね







私は

なんで東京へ出たのだろう

みるくの命を犠牲にしてまで

何がしたかったのだろう




って思った。








たっくさんたくさん考えたけど


目の前にいるみるくの命はあとわずからしい


それが、あと1週間なのか

あと1日なのか

あと1分なのか



全然わからなかった






とにかく一緒に写真を撮った


いつもカメラなんて見なかったみるくが

カメラ目線で写ってくれた。






しばらくみんなでみるくを囲んでいたけれど


いつもの日常へ戻りかけていた。



母はお風呂へ、

弟はタバコ、

私はスマホの充電がなかったので隣の部屋で充電。



しばらく、

5分くらいかなぁ

10分くらいかなぁ

もっとだったかも、

しばらく、
みるくと離れた。









リビングへ戻り、みるくを見ると


息をする為に頑張って動かしていた身体が


動いてない



よくみると床が濡れている

自分のおしっこに浸っていた







さっきまで痛そうで触るのも恐る恐るだったのに


重たいみるくの身体を持ち上げ移動させておしっこを拭き取った



硬直しだした身体

まだ暖かい



おしっこも出来なくて、我慢してたんだね



しばらくみるくを撫でて見つめてた。







玄関が開く音がした。

弟が家の中へ入ってきた。







あっ

報告しなきゃ





みるくが死んだ、って









と思った途端、



あ、

死んだんだ




って気づいた





なぜか

殺してしまった感覚になっていた私は

どうやって弟に、母に報告したらいいのかわからなかった



たぶん後悔してたからだと思う

私のせいで…って思っていたのだと思う







罪悪感がすごかったけど


泣きそうになったけど堪えて


なぜかこのタイミングで歯磨きをし出した弟に駆けよって報告








みるくが死んじゃった










声が震えた



自分の歯磨きで聞こえなかった弟は「あ?」って聞き返してきた。バカか聞け。



まぁたぶん声が小さかったんだろうけど、私の空気をドア越しに感じた母が




え!!!




と言って全裸で飛び出してきた









あぁ…聞かれちゃった




って私は思った




子供が悪いことした時の感覚


例えば…母の大事にしていた花瓶()を割ってしまった感じ。例えが悪いけど。(みるくごめん)



まず弟だけに告げて


母が風呂からあがったら言おうと思っていたけど


結局は言わなきゃいけないんだし…よかった








母がバスタオル巻いて急いでみるくに駆け寄り




わんわん泣いてた





犬だけに。(みるくごめん)







ごめんね

もうちょっと側にいてあげれば

苦しかったんだね

なんでみんないなくなったら死んじゃうの

なんで1人でいっちゃうの

どこまで野生的なの

みるく~…





みたいなことを言っていた気がする






それを見てたぶん初めて私も泣いた



弟に報告した時点で泣いてたかどうか覚えてないけど

なんかここで泣いた




みるくが死んだからじゃなくて


母が悲しんでいるのを見て泣いた感じ



死んだからってのもあったとは思うけども








しばらく、5分くらい?もっと?

みるくのそばに3人でいて、



なんかみんな


よしっ


ってなって、みるく周りの片付け。





口の皮膚をでっけぇ腫瘍が貫通していて

その血と垂れ流れる唾液と

あと漏れションなどなどで床が大変なことになるので

みるくの可動範囲には全面シートをしてあったのね


やったの全部母だけど。




それをはがしたり、

犬用トイレのケース(?)にみるくを入れたり(今思えば相当ひでぇ)


トイレケースinみるく~口の腫瘍にティッシュを添えて~


の出来上がり。(みるくごめん)

すごい死んだ感。



その時体はもう完全に硬直してました。







はーぁ、終わった終わった、



みたいな感じになって、母が取り出してきたのが


みるくを飼い始めた時の、証明証みたいなやつ。





その時私は保護犬などの事をよく調べていたので

あぁ、あのサイトでみたやつだ。うちにもあったんだ。

って思った。




よくみると





命名:みるく

飼い主:今井結香





……?!

私が…飼い主…?!?!





母「ゆかが飼いたいって言ったから飼ったんだよ。ほんとはしんすけ(弟)の名前も入れたかったんだけど1人しかだめだったから」




その瞬間に、みるくを飼い始めた頃から今までの
みるくとの想い出が走馬灯のように蘇りました。


たぶん、死んだみるくが

わーいわーい走れるようになったいえーーーい
っつってちゃんと前見て走ってなくて
間違って私の頭にぶち当たったんやと思う。



なんだか罪悪感がすごかったけど

でも、嬉しくて





子どもの頃の私が喜んでいた





こんな母親になろう、って思った







ペットショップへ行って
車に酔って吐いて(
別日?にまたペットショップ行って
一匹だけ別のとこに入れられていて
兄弟のうち一匹だけ女の子で
変な座り方して上目遣いでおとなしくて
今、その子の記憶しかないくらいその子に惹かれて
おうちに持って帰って
リビングで離すとクソダッシュして走り回って
え?これさっきの大人しい子だよね?ってなって
写真撮って
おもちゃ壊されて何もかも噛み付いて
ゴミも食べるしビニール袋の音に敏感だし
パパにはよく吠えるし
いうこと聞かないし
飯はよく食うし
でも持病があったみたいで
飼い始めて間もなくだったのに
母が夜中に動物病院連れてったり
薬飲ませたり
その時点で死にかけてたらしいのに
15年も生きてくれて…
何年たっても死ぬ間際まで飯をよく食う子で
私に似て太ってて
一時期肥満すぎて注意されてた、16kgだっけ?
ビーグル犬は平均8kgくらいなのに倍で
飯減らして痩せさせて
それでもお肉がたぷたぷで
でもそれが可愛くて
お座りもお手もちゃんと覚えてくれて
でもお手は飯がないとクッソだるそうに
ゆーーっくり目線そらしてやるんだよね
お座りも飯がないとだるそうに斜めに座って
でもそれが可愛くて
追っかけると走り回ってじゃれてきて
私が悲しそうにしてると尻くっつけてきて
たまーにこっちを上目遣いで見てくれて
あとから知ったけど尻くっつけてくるのは
信頼してくれてる証拠らしいね、
暖かくて愛を感じた
学校終わって友達と遊んで
お散歩いって
たまに早く切り上げてゲームした、ごめんね
サボったりもした
むしろゲームしながら散歩した
散歩終わったらご飯だって事知ってるから
早く帰りたがっちゃって
今思えば散歩の時間短かったよな…
よく手とか舐めてくれてたけどめっちゃ臭かった
肉球が歳をとるにつれカピカピになった
毛の色がだんだん白くなってった
イボがたくさん出来た
週1でしか会えなくなった私に
散歩しなくなった私に
いつまでも尻むけて隣に座ってくれた
斜めに座って
思いっきり私に体重かけて




兄弟だなぁ

小さい頃から一緒で
一緒に大きくなって

私が大人になったと思ったら
みるくはおばあちゃんで


妹だかお姉ちゃんだかちょっとよくわかんないけど
特別な兄弟だな


喋れないけど
たくさんお話した


兄弟と呼べるのは
親のおかげだな


ずっと世話に追われていたら
兄弟って感覚じゃなかったかも









その日はリビングに寝っ転がって

そんなこと考えながら

みるくの足音を聞きながら(幻聴)

寝ました




朝、父親が起きてきて

みるくを確認していたような記憶がある






私がリビングに寝ていると
チャッチャッチャッチャッって
爪の音させながら近寄ってきて
私の側で横になったりしてたの



それ思い出してみるくの方に目線を向けると
そこにみるくはいなくて

やっぱ寂しいよ






今は

今現時点での私は


ブログにかけるくらいには受け入れられてるし

なんか、みるくはずっと側にいる気がして

寂しいけど、あんま寂しくない


前より近くにいる気がする

夢で会いにきてくれるし

支えられている




みるくが死ぬ直前に撮った写真、
スマホが壊れてデータが残ってないの



みるくが死んで3ヶ月くらいして
ある日実家についた瞬間から
電源がつかなくなってしまって。


でもデータはパソコンに移してあるから大丈夫だろう、と思ったら
みるくが死ぬ日の何日か前までしかデータが移行できてなくて。



すごく良い写真だったの。
姉妹で自撮りした感じ。

一生の宝物だ!って思ってたのに
どうやってもデータが取り戻せなくって。



悔やまれるけど、気づいた。

みるくが消したんだ。




みるくが

過去より未来を見ろって

私なんか見てないで前を見ろって

何より大切な宝物はそんなもんじゃないぞ、って



教えてくれたのかな

って思ってます






宝物をありがとう、みるく

親にも感謝


ありがとう

















管理者にだけ表示を許可する

■ 記事


■ ブログランキング


クリックよろしくです☆

■ Twitter

フォロー待ってます♪


copyright 2005-2007 はらへりずむ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。